スピルバーグ、日本のファンに特別メッセージ!『リンカーン』予告編が公開!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
映画『リンカーン』メインビジュアル - (C)2012 TWENTIETH CENTURY FOX FILM CORPORATION and DREAMWORKS II DISTRIBUTION CO., LLC

 ゴールデン・グローブ賞に最多7部門でノミネートされた映画『リンカーン』の日本版予告編が初公開された。親日家で知られるスティーヴン・スピルバーグ監督は世界で唯一、日本のファンに向けたメッセージを送っており、その貴重な映像も同予告編には含まれている。

映画『リンカーン』日本版予告編映像

 「日本の皆さん、こんにちは」というスピルバーグ監督の言葉から始まる同映像。構想・製作に12年を費やした本作について、スピルバーグ監督は「リンカーンの人生には、今の日本と世界中に人に知って欲しいメッセージが詰まっています」と断言。本作で描かれるリンカーンを「情熱的な理想と冷静な知略を持つリーダー」と呼ぶなど、スピルバーグ監督の並々ならぬ情熱が印象的だ。

[PR]

 第16代アメリカ大統領のエイブラハム・リンカーンは奴隷解放を説いた人物であり、南北戦争では自ら戦争を指揮するなど圧倒的なリーダーシップを発揮したことで知られている。その生涯を映像化するにあたって、スピルバーグ監督はその政治ドラマと南北戦争におけるアクションを大スペクタクルで展開。その一端は今回の予告編からでもうかがえ、「史上最も愛されたリーダーの知られざる物語」という本作の惹句(じゃっく)にうそはないことが確認できる。

 主人公リンカーンにふんするのは、『マイ・レフトフット』『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』で史上最多タイとなる2度のアカデミー賞主演男優賞を受賞しているダニエル・デイ=ルイス。同じく2度アカデミー賞を受賞しているサリー・フィールドがその妻メアリー・トッドを演じているほか、ジョセフ・ゴードン=レヴィットトミー・リー・ジョーンズなどが出演している。

 先日発表された第70回ゴールデン・グローブ賞ノミネーションでは、作品賞を含む最多7部門でノミネートされるなど、アカデミー賞でも本命視されている本作。還暦を過ぎても衰えないスピルバーグ監督の創作力を示すとともに、新たな代表作ともいえる作品に仕上がっている。(編集部・福田麗)

映画『リンカーン』は2013年4月19日よりTOHOシネマズ 日劇ほかにて全国公開

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]