バーブラ・ストライサンドがチャップリン・アワードを受賞!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
チャップリン・アワードの受賞が決定したバーブラ・ストライサンド - Gilbert Carrasquillo / FilmMagic / Getty Images

 映画『ファニー・ガール』『追憶』など数多くの名作に出演し、『愛のイエントル』『サウス・キャロライナ/愛と追憶の彼方』で監督も務めたバーブラ・ストライサンドが、名誉あるチャップリン・アワードを受賞することがわかった。リンカーン・センター映画協会(Film Society of Lincoln Center)が発表した。

 同賞は映画界に貢献してきた人物に贈られる名誉賞で、これまでビリー・ワイルダーアルフレッド・ヒッチコックローレンス・オリヴィエフェデリコ・フェリーニエリザベス・テイラージェームズ・スチュワートシドニー・ポワチエなどが受賞してきた。

 バーブラは、ニューヨークのブルックリンで育ち、ナイトクラブ歌手としてデビュー。その後、オフブロードウェイの舞台に出演して注目を浴び始め、コロンビア・レコードと契約。歌手としてデビューし、1963年には2つのグラミー賞を獲得した。1968年には『ファニー・ガール』に出演し、アカデミー賞主演女優賞を受賞、『スター誕生』では作曲家としてアカデミー歌曲賞も受賞している。

 授賞式は、現地時間4月22日に行われる。 (細木信宏/Nobuhiro Hosoki)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]