ロッド・スチュワート 身代わりを立てて運転免許を取得したことを告白

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
免許証に写真が付いていなかった時代だったのさ - ロッド・スチュワート - Frazer Harrison / Getty Images

 1967年にイギリスで運転免許を取得したロッド・スチュワートが、当時の公演マネージャーのピート・サンダースに試験を受けに行かせていたことを自伝の中で明かした。

 ピートは免許のないロッドをあちこち連れて回るのにうんざりし、代わりに受けるから免許を取得するよう説得したことが発端のようだ。

 「免許証に写真が付いていなかった時代だから身代わりを立てるのは簡単だった。ピートがテスト会場に行って、ロデリック・スチュワートと署名をして僕の代わりに試験を受けたんだ。うれしいことに合格した。だからイギリスで運転免許試験を受けたことはないんだ」と書いている。

 ロッドは違法な手段で手に入れた免許で8年間運転をした後、アメリカに移住し、アメリカでは試験を受けて運転免許を手に入れたとのこと。現在、イギリスではアメリカの免許を使って運転しているという。(BANG Media International)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]