ナタリー・ポートマン、パリにお引っ越し!夫がパリ・オペラ座バレエ団の監督に就任

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ナタリー・ポートマン(右)と夫バンジャマン・ミルピエ - Stephen Lovekin / Getty Images

 ナタリー・ポートマンが、夫で振付師のバンジャマン・ミルピエがパリ・オペラ座バレエ団の芸術監督に就任することが決定したため、家族でパリに引っ越すという。

ナタリー・ポートマン出演 映画『ブラック・スワン』写真ギャラリー

 バンジャマンのパリでの仕事は2014年9月からスタートするとのこと。「監督の席が空くことは知っていましたが、バレエ団の中にも候補者がいると聞いていましたので打診されたときは驚きました。バレエ団側と話をするにつれ、もしかしたら選ばれるかも、という思いに胸が躍りましたよ」とNew York Times紙に語った。

[PR]

 外部の人間が監督に就任するのは珍しいことだが、自分が適任だと自信を持っているようだ。彼は「まったくのよそ者というわけではありません。僕はフランス育ちです。パリ・オペラ座のバレエ団や学校で学んだり、踊ったりはしませんでしたが、同じようなトレーニングを受けています」とコメント。

 さらに「20年間大きなバレエ団で踊っていたので、スケールの大きさも理解しています。アメリカで過ごし、異なる伝統に触れてきた僕が監督に就任することは、オペラ座のダンサーたちにとってプラスになるでしょうし、もちろん僕自身もオペラ座バレエ団の素晴らしい特質から学ぶべきことがたくさんあります」と話した。(BANG Media International)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]