AKB48、新作映画公開直前にもう一つのドキュメンタリーがテレビで放送!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
「AKB48+1+10」よりオフショット画像 - (C)2013「DOCUMENTARY of AKB48」製作委員会

 人気アイドルグループAKB48の2012年における活動を追ったドキュメンタリー番組「AKB48+1+10」が、1月31日にNHK総合テレビで放送される。

映画『DOCUMENTARY OF AKB48 NO FLOWER WITHOUT RAIN 少女たちは涙の後に何を見る?』写真ギャラリー

 同番組は、AKB48の新作映画『DOCUMENTARY OF AKB48 NO FLOWER WITHOUT RAIN 少女たちは涙の後に何を見る?』の2月1日からの公開を記念して放送されるもの。映画とは違う視点で編集された独立した作品でありながら、映画と互いの内容を補完し合うドキュメンタリーになるという。

[PR]

 NHK総合テレビでは、昨年も同グループのドキュメンタリー「DOCUMENTARY of AKB48+1」を放送しているが、今年は放送時間が10分延び、番組名も「AKB48+1+10」に。「A」から「Z」まで分けられたキーワードを基に、彼女たちの1年に迫る内容となっている。

 番組では、昨年グループを卒業した前田敦子がメンバーに向けたラストメッセージや次世代エースの期待が掛かる島崎遥香への密着映像、20歳となり初めての選挙に向かう横山由依など、番組でしか見ることのできないメンバーの素顔が満載。またメンバー共通の「トーク切り上げ」のサインや、2012年の被災地訪問を記録した貴重な映像も数多く紹介されるとのこと。映画公開前日に放送され、互いに内容を補完し合う番組ということで、公開を心待ちにしているファンにとって特に必見の番組となりそうだ。(編集部・入倉功一)

ドキュメンタリー番組「AKB48+1+10」はNHK総合で1月31日深夜(2月1日 午前1時45分~)放送

映画『DOCUMENTARY OF AKB48 NO FLOWER WITHOUT RAIN 少女たちは涙の後に何を見る?』は2月1日より全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]