元AKB48増田有華、脱退後初めての公の場!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
好みのタイプを明かした増田有華

 昨年11月のDA PUMP・ISSA宅へのお泊り報道を受けてAKB48の活動を辞退した増田有華が14日、脱退後初めて公の場に登場した。映画『逃走車』の宣伝隊長に就任した増田は、都内・豊川稲荷東京別院で行われたヒット祈願イベントで自身の恋愛観を語った。

増田有華&鈴木拓登場!映画『逃走車』イベントフォトギャラリー

 増田と共に本作の宣伝隊長を務めるお笑いコンビ・ドランクドラゴンの鈴木拓も出席したこの日は、歌舞伎役者・尾上菊之助の婚約会見が行われていることから、「何につけても絶対言い返さなくて、奥さんのしもべとして働くことです」と鈴木が夫婦円満の秘訣(ひけつ)をアドバイス。すると、増田も「わたしも関西出身で気がキツイと思われてきたので、そういうタイプの男性の方がうれしいです」と尻にひけるタイプの男性が好みと明かした。

[PR]

 一方で増田は「気が弱い男性よりは(映画みたいに)正義感が強くて女性を守り抜く真っ直ぐな男性の方がいいと思うけど」と肉食系男子も嫌いではないと話しつつ、カーチェイスを繰り広げる本作にちなんで「運転の仕方にはすごく性格が出ると思っていて、運転が荒いと性格も荒いと思うので、安全運転にしてもらえたら」とコメント。

 また、鈴木は映画にちなんで「思わず逃走したくなった瞬間」を聞かれると、バラエティー番組「逃走中」で途中リタイアしたためにブログが炎上したことを振り返って「俺、何も悪いことしていないのに」と今でも視聴者の反応がげせない様子。つい最近もブログが炎上したことを明かし、「自首はルールに基づいてやっているのに、どうやら視聴者はそれが気に食わないらしくて僕のコメント欄に『クズ』『クソ』『カス』と書かれて逃げ出したくなりました。(神社では)今年は『炎上させない』と祈ったけど、また炎上したら炎上評論家としてやっていきたい」と開き直っていた。

 本作はヨハネスブルクを舞台に、レンタカーの配車違いによって国家を揺るがす犯罪に巻き込まれた男の逃避行を描くサスペンス・カーアクション。『ワイルド・スピード』シリーズのポール・ウォーカーが主演とプロデューサーを兼務している。(取材・文:中村好伸)

映画『逃走車』は2月23日より新宿ミラノほか全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]