『恋人までの距離』シリーズ4作目の可能性は?

第63回ベルリン国際映画祭

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
映画『ビフォア・ミッドナイト(原題)』のイーサン・ホーク、リチャード・リンクレイター監督、ジュリー・デルピー(左から) - Photo:Yukari Yamaguchi

 第63回ベルリン国際映画祭コンペティション部門にアウト・オブ・コンペティション作品として出品されている映画『ビフォア・ミッドナイト(原題) / Before Midnight』の会見が行われた。本作は、人気恋愛映画『恋人までの距離(ディスタンス)』(1995年)、『ビフォア・サンセット』(2004年)に続く3作目。リチャード・リンクレイター監督は『恋人までの距離(ディスタンス)』で同映画祭の銀熊賞(監督賞)を獲得している。

前作『ビフォア・サンセット』フォトギャラリー

 このシリーズの魅力は、何といっても流れるような自然な会話。ドキュメンタリーと思わせるほどの自然さは、本作でさらに磨きがかかっている。ヒロインを演じるジュリー・デルピーは「子どものころ、クラリネットを習っていたの。しばらくはたくさん練習したわ。唇から血が出るくらい。でも、ある時点から、自然に楽に吹けるようになるの。それと同じ感じね」と説明する。

[PR]

 2作目同様今回も、ジュリー、主演のイーサン・ホークともに脚本家としても名を連ねている。イーサンは「また役に戻れるのは光栄だよ。それに脚本も共同というのはユニークな体験だね」とコメント。ジュリーが「ストーリーに時間、人生が含まれているのは、あまりないことよね」と付け加えた。それぞれに年齢を重ねた実際の二人と同じように、劇中のキャラクターも同じだけ時を経た状況が描かれる。

 シリーズ4作目はあるかという気の早い質問に対し、リンクレイター監督は「先のことは誰にもわからないよ」と3作目が完成したばかりの今の時点ではさすがに未定だと回答。4作目を期待したくなる、特異なベストカップルである二人をいつまでも見ていたいと思わせる作品だ。(取材・文:山口ゆかり / Yukari Yamaguchi)

第63回ベルリン国際映画祭は17日まで開催
映画『ビフォア・ミッドナイト(原題) / Before Midnight』は2014年初頭公開予定

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]