妖艶&キュート!安達祐実のコスプレに男性陣はメロメロ

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
劇中でのコスプレ姿が絶賛された安達祐実

 23日、新宿K’s cinemaにて映画『TOKYOてやんでぃ ~The Stoy Teller's Apprentice~』の初日舞台挨拶が行われ、ノゾエ征爾安達祐実黒田福美伊藤克信中村昌也村木藤志郎神田裕司監督が登壇した。中でも安達は本作でミニスカサンタクロースやチャイナドレス、ナースなど、コスプレにも挑戦。かわいさと妖艶さを兼ね備えた格好には共演者もめろめろの様子だった。

映画『TOKYOてやんでぃ ~The Stoy Teller's Apprentice~』フォトギャラリー

 「撮影中、『安達さんは今日はどんなコスプレしてるんやろ?』とそればっかり気になった」と中村が言えば、ノゾエはチャイナドレス姿を絶賛。また伊藤も「サンタがかわいかった」と明かすなど、どの共演者もべた褒め。同性の黒田ですら「コスプレの祐実ちゃんはお人形みたい。見とれました」と語っていた。

[PR]

 村木からは「スク水がなかった。残念!」とからかわれ、会見中は終始恥ずかしそうにしていた安達。「年がいがない感じで恥ずかしかったけど、なかなかそんな衣装を着る機会もないですし、(コスプレをすること自体は)嫌いじゃない」とコメント。「みなさん、どれを気に入ってくださるか、すごく気になります」と客席の反応を楽しみにしている様子だった。

 映画『TOKYO てやんでぃ ~The Story Teller’s Apprentice~』は、春風亭昇太の創作落語を原案とした「劇団うわの空」の藤志郎一座の代表作「悲しみにてやんでぃ」を映画化した作品。奇席の楽屋というワンセットに様々な登場人物が入り乱れ、ハプニングが次から次へと起こるさまを描いたローラーコースター・コメディーとなっている。

 監督自身は最初に構想を持ったとき、V6の井ノ原快彦を主演させようとしていたといい、それを聞いた主演のノゾエは「いのっちでなくて申し訳ない」とコメント。客席を沸かせていた。(取材・文 名鹿祥史)

『TOKYO てやんでぃ ~The Story Teller’s Apprentice~』は新宿K’s cinemaほかにて全国公開中

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]