シヴォーン・フィネラン、「ダウントン・アビー」を降板

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
「ダウントン・アビー」の降板が明らかになったシヴォーン・フィネラン

 テレビドラマ「ダウントン・アビー ~貴族とメイドと相続人」で伯爵夫人付侍女のオブライエンを演じているシヴォーン・フィネランが第3シーズンで降板したことを明かした。

シヴォーン・フィネラン出演映画『BOY A』場面写真

 「これ以上は出ません。オブライエンは非常に卑劣な人間で、演じるのはとても楽しいキャラクターでした」とシヴォーンはhuffingtonpost.co.ukにコメントしている。

[PR]

 TVLineによると、第4シーズンは第3シーズンの半年後に設定されているとのことで、シヴォーン演じるオブライエンは、この間にいなくなったという設定にされるらしい。ただし、将来的に戻ってこれるよう、死んだというストーリーにはならないという。

 同ドラマからは、マシューを演じていたダン・スティーヴンス、シビル役のジェシカ・ブラウン・フィンドレイも降板し、第4シーズンは出演者が大きく変わることになる。ファンにとっては残念なことかもしれないが、キャラクターを失うことは新たな機会が生まれることでもあり、番組がまったく異なる方向へと向かう転機にもなるとプロデューサーのキャレス・ニームは考えているようだ。(BANG Media International)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]