1日で2億の寄付集め映画化決定!米人気ドラマ「ヴェロニカ・マーズ」

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
「ヴェロニカ・マーズ」主演のクリステン・ベル

 テレビドラマ「ゴシップガール」のクリステン・ベルの出世作「ヴェロニカ・マーズ」の映画化が決定した。クラウドファウンディングサイト「Kickstarter」で、200万ドル(約1億8,000万円 1ドル90円計算)の製作資金が集まれば映画化すると発表したところ、わずか1日で目標金額に到達した。

クリステン・ベル出演最新作『HIT & RUN』フォトギャラリー

 企画、製作総指揮を務めたロブ・トーマスは、かねてより映画化を切望していたというが、ドラマを製作していたワーナー・ブラザーズ・テレビジョンの親会社であるワーナー・ブラザーズが、「大手配給会社が製作する作品としてふさわしくない」と難色を示し、実現していなかったという。

[PR]

 今回、クラウドファウンディングサイト「Kickstarter」の存在を知り、自らプロジェクトを立ち上げ、寄付を募ったロブ。資金が集まったことで、主演のクリステンと共にワーナー・ブラザーズの幹部に会い、映画化の許可を得ることもできたという。なお、「ヴェロニカ・マーズ」が行ったプロジェクトは、「Kickstarter」史上最速で100万ドル(約9,000万円)を集めたプロジェクトになった。

 クリステンは映画化決定に「わたしのすべてをささげ、皆さまにもう少しだけヴェロニカをお届けするために全力を尽くすことを約束します。そうすることができて光栄です」と喜びのコメント。今夏撮影を行い、2014年春の公開を目指す。 (細木信宏/Nobuhiro Hosoki、編集部・島村幸恵)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]