ADVERTISEMENT

『ブラックパンサー』チャドウィック・ボーズマンさんがディズニー殿堂入り D23で功績たたえる

『ブラックパンサー』のチャドウィック・ボーズマンさん
『ブラックパンサー』のチャドウィック・ボーズマンさん - Walt Disney Studios Motion Pictures / Photofest / ゲッティ イメージズ

 現地時間9日、ディズニーのファンイベント「D23 Expo 2022」の開幕を告げるディズニー・レジェンド・アワード授賞式が米・アナハイム行われ、マーベル映画『ブラックパンサー』主演の故チャドウィック・ボーズマンさんが、ディズニーの殿堂入りを果たした。

【写真】ティ・チャラよ、永遠に…『ブラックパンサー』続編ビジュアル

 1987年の創設から今年で35周年を迎えたディズニー・レジェンド・アワードは、ディズニーに多大な貢献をした人物に贈られる賞。これまで、ティム・アレンさん、ロバート・ダウニー・Jrさん、ウーピー・ゴールドバーグさん、ジョージ・ルーカスさん、アラン・メンケンさんといった錚々たる顔ぶれが受賞している。

ADVERTISEMENT

 ワカンダ王国の若き国王ティ・チャラを演じ、全世界に社会的・文化的インパクトを残したチャドウィックさん。マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)での功績をたたえる映像が上映されると、会場からは大きな拍手が。壇上に上がったチャドウィックさんの兄デリックさんは、「彼が直接この賞を受け取ってほしかった。彼がここにいないことは、私の家族にとっても辛い」と心境を明かしながら、「チャドは素晴らしい人間です。彼をたたえる場を与えてくださり、ありがとうございます。チャド、いつまでも愛している」と感謝。デリックさんのスピーチが終わると、スタンディングオベーションが送られた。

 今年はチャドウィックさんをはじめ、ドラマ「ブラキッシュ」製作総指揮のアンソニー・アンダーソンさんと主演のトレイシー・エリス・ロスさん、『アナと雪の女王』からクリステン・ベルさん(アナ役)、イディナ・メンゼルさん(エルサ役)、ジョシュ・ギャッドさん(オラフ役)、ジョナサン・グロフさん(クリストフ役)など、合計14名にディズニー・レジェンド・ブロンズ像が贈呈された。

 「D23 Expo 2022」はアナハイム・コンベンション・センターにて現地時間11日まで開催。会期中はピクサー、マーベル・スタジオ、ルーカスフィルム、20世紀スタジオといったディズニー傘下のスタジオによる新作ショーケースが予定されている。(取材・文:編集部・倉本拓弥)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
ADVERTISEMENT

おすすめ映画

ADVERTISEMENT

人気の記事

ADVERTISEMENT

おすすめ動画

ADVERTISEMENT

最新の映画短評

ADVERTISEMENT