ドリームワークス、カトリック教会司祭による実話の性的虐待事件を映画化!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
トーマス・マッカーシー監督 - Michael Tran / FilmMagic / Getty Images

 ドリームワークスが、マサセチューセッツ州のカトリック教会で起きた司祭による性的虐待事件を描いた作品の映画化権を獲得した。The Hollywood Reporterが報じている。

 本作は、ドリームワークスとパーティシパント・メディアが共同で、ボストン・グローブの記者と元編集長がおよそ10年にも及ぶ司祭の性的虐待事件の隠蔽(いんぺい)を暴いた記事をもとに映画化する予定の作品。脚本はウィキリークスを題材にした現在製作中の映画『ザ・フィフス・エステート(原題) / The Fifth Estate』のジョシュ・シンガーが執筆し、監督は映画『WIN WIN ダメ男とダメ少年の最高の日々』のトーマス・マッカーシーがメガホンを取ることになっている。

 ボストン・グローブの記者たちが、この事件に関して約1年間、事件の被害者や1,000ページにもわたる書類を調べ書いた記事は、2003年のピューリッツア賞を受賞し、さらにこの報道が性的虐待を行った司祭を擁護したバーナード・ロー枢機卿の辞任へとつながっていった。

 もっともカトリック教会は、過去に同教会を批判した題材を扱った映画『ダ・ヴィンチ・コード』をボイコットするなど非難が集中したことがあったが、今作ではどのような対応を示すのか、製作過程で世間の話題を呼ぶことになりそうだ。 (細木信宏/Nobuhiro Hosoki)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]