『ある日どこかで』のジェーン・シーモア、4度目の離婚へ

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
離婚の条件を協議中…ジェームズ・キーチ(左)とジェーン・シーモア(右) - J. Countess / Getty Images

 映画『ある日どこかで』、テレビドラマ「ドクター・クイン 大西部の女医物語」の女優ジェーン・シーモアが、結婚して約20年になる夫で脚本家・俳優・監督のジェームズ・キーチと別れたとAccess Hollywoodなど複数のメディアが報じた。

ジェーン・シーモアがボンドガールとして出演! 映画『007/死ぬのは奴らだ』写真ギャラリー

 「二人は別居をして数か月になります。現在は離婚条件の話し合い中です。今後も子どもたちのために良き親として、また、結婚期間中に二人で取り組んできた慈善活動などのビジネスパートナーとしての関係を維持していきます」とスポークスマンは声明を出している。

 62歳のジェーンは1993年にジェームズと結婚。二人には17歳の双子の息子がいるが、親権がどうなるかは報じられていない。ジェームズにとっては3度目の離婚。ジェーンにとっては4度目となる。(澤田理沙)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]