柄本時生、親の七光り宣言!井戸田にいじられ…

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
親の七光りを宣言(?)した柄本時生

 柄本時生が19日、新宿バルト9にて行われた映画『不毛会議』の舞台あいさつで、スピードワゴン井戸田潤にいじられ、「ええ、僕は親の七光りで芸能界に入ったんですよ!」と発言。会場の笑いを誘った。

柄本時生、親の七光り宣言?フォトギャラリー

 柄本、井戸田のほか、石黒英雄RUN&GUN宮下雄也玉城裕規、メガホンを取ったなるせゆうせい監督が出席したこの日のイベント。井戸田は、柄本を「あれ? 君、お兄ちゃん(柄本佑)の方だった?」「君、どうやって芸能界入ったの?」と映画そっちのけでいじり倒し、柄本の「ええ、僕は親の七光りで芸能界に入ったんですよ!」という発言を引き出した。

[PR]

 また、主演を務めた石黒は「テンポのいい面白い脚本だったので、自分もそれに乗っかって、俳優として貴重な経験ができました。なるせ監督独特のシュールな描写や会話劇をぜひ劇場で楽しんでほしい」とイケメン俳優らしい模範解答を示しながら、「ただ、撮影がほとんど深夜だったので、出演者全員、変なテンションでしたね。みんな寝てなかったからかな?」と舞台裏を明かした。

 『不毛会議』は、映画と舞台の連動企画「ムビステ」として制作された作品。1月に上演された舞台に続き、同じ物語を別キャストで描いた。両方でメガホンを取ったなるせ監督は「一言で言えば青春群像劇。登場人物それぞれにキャラクターがあり、それぞれに何らかの葛藤がある。戦争を舞台にしていますが、そういったヒューマン(ドラマ)の部分を観ていただきたい」と語り、さらに「観る人の心に何かしらの爪あとを残せれば」と作品への思いを付け加えた。(取材・文:坂田正樹)

映画版『不毛会議』は4月20日より新宿バルト9ほかにて全国順次公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]