エアロスミスのスティーヴン・タイラー、マネージメント会社から首を切られる

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
スティーヴン・タイラー

 エアロスミススティーヴン・タイラーが、マネージャーであるメディア王サイモン・フラーから首を切られたと報じられている。

スティーヴン・タイラーがCGキャラクターに!映画『ポーラー・エクスプレス』フォトギャラリー

 理由は、マネージャーとしてのサイモンの仕事を、スティーヴンの弁護士ディナ・ラポルトが、ことあるごとに邪魔したからだという。

[PR]

 「サイモンはスティーヴンを取り巻くドラマにうんざりして彼をクライアントから外したんです。ディナはスティーヴンを守ろうとするあまり、仕事の邪魔をし、スティーヴンとサイモンの間に溝を作ってしまいました」と情報筋はNew York Post紙に語っている。

 スティーヴンが人気の高かったオーディション番組「アメリカン・アイドル」の審査員をもう1シーズン続けずにエアロスミスのレコーディングとツアーを選んだのもディナの勧めかららしい。「でも、エアロスミスのアルバムとツアーは思ったほどの売り上げを記録していません。シドニーでヴァン・ヘイレンの前座になったとき、スティーヴンは激怒していましたよ」と付け加えた。

 ディナがマネージメントとスティーヴンの間に入るのは初めてではなく、前のマネージメント会社コヴァック・メディア・グループともトラブルを起こしている。同社はディナが「アメリカン・アイドル」とスティーヴンの多額の契約を破綻させたとして彼女を訴えたのだ。

 スティーヴンの新たなマネージメント会社となったレッドライト・マネージメントは、彼がサイモンに首を切られたことを否定。ディナとサイモンの不仲に関する報道もウソだとコメントをしている。(BANG Media International)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]