ピーターラビットの父親は人間にパイにされていた!ネット上で話題に

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
お父さんはパイに…-ピーターラビット - Michael Bradley / Getty Images

 5月1日にオープンしたピーターラビット日本公式サイトで、主人公ピーターのおとうさんが、人間にパイにされていたことが紹介され、インターネット上で大きな話題になっている。

ピーターラビットの生みの親ビアトリクス・ポターの半生を描いた映画『ミス・ポター』フォトギャラリー

 日本各地で行われる催事の情報やピーターラビットに関する最新情報を伝えるために開設されたピーターラビット日本公式サイト。キャラクター紹介では、主人公のピーターを含む30匹を超えるキャラクターを紹介。ピーターについて、「たいへんないたずらっこ」と書かれているほか、ファンでも知らないようなキャラクターたちの詳細が明かされている。

[PR]

 中でも異彩を放っているのが、ピーターのおとうさん。かわいいキャラクターたちのイラストが並ぶ中、パイのイラストで紹介されたピーターのおとうさんは「マクレガーおくさんにパイにされた」と説明されており、これがファンの目に留まり、インターネット上で大きな話題となった。

 このピーターのおとうさんの話が登場するのは、1902年に出版された第1作「ピーターラビットのおはなし」。ピーターがおかあさんから「マグレガーさんの畑にだけは、行ってはだめですよ。お父さんはね、マグレガーのおくさんに、パイにされてしまったのですからね」と言われていたにもかかわらず、マクレガーさんの畑に入り込み、野菜を食べてしまうというエピソードが描かれていた。

 今なお多くの人々に愛されているピーターラビットの物語は、1971年にイギリスで製作されたバレエ映画『ピーターラビットと仲間たち』が公開されているほか、「ピーターラビットとなかまたち」としてテレビアニメも放送されている。また、2006年にはレニー・ゼルウィガーがピーターラビットの生みの親ビアトリクス・ポターを演じた映画『ミス・ポター』も公開されている。第1作の出版から111年、新たにオープンした日本公式サイトは、意外な形で注目されることになった。(編集部・島村幸恵)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]