エヴァ・ロンゴリア、カンヌで下半身丸出しのアクシデント

第66回カンヌ国際映画祭

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
カンヌ映画祭のレッドカーペットに登場したエヴァ・ロンゴリア - Andreas Rentz / Getty Images

 テレビドラマ「デスパレートな妻たち」シリーズで知られる女優のエヴァ・ロンゴリアが、現在フランスで開催中の第66回カンヌ国際映画祭のレッドカーペットでノーパンの下半身を露出してしまうというアクシデントがあった。Radar Onlineなど複数媒体が報じている。

エヴァ・ロンゴリア出演映画『ザ・センチネル 陰謀の星条旗』フォトギャラリー

 エヴァは現地時間18日夜、ヴェルサーチのエレガントな薄緑色のロングドレスでレッドカーペットに登場。当時会場では雨が降っており、階段を上る際にドレスが濡れないよう裾をたくし上げたエヴァは、深くスリットが入っていたこともありノーパンの下半身を露出してしまった。その後すぐにドレスを直したものの、運悪くカメラマンにその瞬間を激写され、写真が出回る羽目になった。

[PR]

 これまでもアン・ハサウェイブリトニー・スピアーズパリス・ヒルトンなどが同じようなアクシデントに見舞われている。セクシーなドレスを着るのはなかなかリスクのあることだといえそうだ。

 エヴァはベニチオ・デル・トロと共演した映画『サイコセラピー・オブ・ア・プレーンズ・インディアン(原題)/ Psychotherapy of a Plains Indian』でカンヌ映画祭に参加している。同作は『そして父になる』『藁の楯 わらのたて』などと共にコンペティション部門に選出されている。(朝倉健人)

第66回カンヌ国際映画祭は5月26日まで開催

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]