本仮屋ユイカ、アンパンマンに元気もらう!ゾウのパオ役で劇場アニメ声優に初挑戦!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
アンパンマンとばいきんまんも登場! - サンドウィッチマン、本仮屋ユイカ

 29日、東京都内で行われた映画『それいけ!アンパンマン とばせ!希望のハンカチ』の公開アフレコに、女優の本仮屋ユイカと、お笑いコンビ・サンドウィッチマン伊達みきお富澤たけしが出席した。

初夏らしいスタイルの本仮屋ユイカ!イベント写真ギャラリー

 国民的人気アニメ「それいけ!アンパンマン」の劇場版第25弾となる本作で、アンパンマンたちと冒険を繰り広げるゾウの男の子・パオ役を務める本仮屋。伊達は、ばいきんまんが発明した最新メカのスゴイゾウ(ヨゴスゾウ)を、富澤はパオの憧れの存在でもあるザジズゼゾウを演じている。

[PR]

 「落ち込んだときとか、つらいときにアンパンマンの歌を口ずさむと元気が出る」という本仮屋は、過去に海外ドラマの吹き替え経験はあるものの、劇場版アニメの声優は今回が初めて。「保育園のお遊戯会でアンパンマンのエンディングテーマ曲で踊ったことがある」と懐かしみ、くしくも25作目を迎える映画シリーズと本仮屋が25歳であるという偶然の一致にも驚いた様子だった。

 「相方にするならどのキャラクターがいい?」と聞かれたとサンドウィッチマンの富澤は「僕はボケ担当なので、アンパンマンからアンパンチなんかで突っ込まれたい」とアンパンマンを挙げ、「痛そう」と本仮屋に言われても「それは、しょうがない」ときっぱり。一方の伊達は「一緒にM-1(グランプリ)に出たら、3回戦くらいまでいけるんじゃないかな」と自信ありげに、ばいきんまんをパートナーに選んでいだ。

 「希望」がテーマの本作。ばいきんまんが開いた「ばいきんサーカス」のせいで何もかもが汚染され、もとの美しい世界を取り戻すためにアンパンマンたちが立ち上がる姿を描く。(福住佐知子)

映画『それいけ!アンパンマン とばせ!希望のハンカチ』は7月6日より全国公開(同時上映『みんなでてあそび アンパンマンといたずらオバケ』)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]