リース・ウィザースプーンとソフィア・ベルガラ、囚人&警官でコメディー映画共演か

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
リース・ウィザースプーン(左)とソフィア・ヴェルガラ - Jason LaVeris / FilmMagic / Getty Images(左)Jeffrey Mayer / WireImage / Getty Images

 映画『ウォーク・ザ・ライン/君につづく道』や『恋人たちのパレード』のリース・ウィザースプーンと、テレビドラマ「モダン・ファミリー」でグロリア役を演じるソフィア・ベルガラが、コメディー映画『ドント・メス・ウィズ・テキサス(原題) / Don’t Mess With Texas』で共演する可能性があるとDeadline.comが伝えた。

リース・ウィザースプーン主演 映画『恋人たちのパレード』フォトギャラリー

 本作は、ユニバーサル映画製作の汚職警官の裏をかこうとする女性囚人と女性警官を描くコメディー映画。ウィザースプーンとベルガラに、囚人役か警官役のどちらがオファーされているのか、現時点では伝えられていない。ウィザースプーンはプロデューサーを、ベルガラも共同プロデューサーを務めることになっている。撮影は、2014年3月の開始が予定されている。

[PR]

 ウィザースプーンは現在、ポール・トーマス・アンダーソン監督が手掛ける、トマス・ピンチョンの小説「LAヴァイス」の映画化作品の撮影中のほか、テレビドラマ「ブラザーフッド」のブライアン・カーク監督が手掛けるSF映画で、キアヌ・リーヴスと共演する『パッセンジャーズ(原題) / Passengers』の製作準備が進行している。

 また、ベルガラは、「モダン・ファミリー」のほか、現在ポストプロダクション中である、ロバート・ロドリゲス監督作『マチェーテ・キルズ(原題) / Machete Kills』の全米公開が、今年9月13日にセットされている。(鯨岡孝子)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]