シネマトゥデイ

クリステン・ベル、カリフォルニア州の同性結婚合法化を受け、婚約者に再びプロポーズ

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
わたしたちみんな結婚できるわ! - ダックス・シェパード(左)とクリステン・ベル - Jason Merritt / Getty Images

 同性婚が認められるまで結婚はしないと宣言していたクリステン・ベルが、カリフォルニアで同性婚を認める法案が通過したことを受け、婚約者ダックス・シェパードに再びプロポーズした。

クリステン・ベル出演 映画『ファンボーイズ』フォトギャラリー

 クリステンは「ダックス、わたしと結婚してくれますか?」と法案通過直後にツイート。ダックスは、「もちろん、イエスだ!!!!」と返事をしたあと、「クリステンとの豪華なゲイ・ウエディングを実現させるぞ!」とツイートしている。

[PR]

 昨年2月のインタビューでクリステンは、「わたしたちがすぐに結婚をしないのは、同性愛者の友達には認められていない権利を自分たちだけが利用するのは良くないと思うから」とコメントしており、ダックスもこれに賛同していた。

 クリステンとの結婚をゲイ・ウエディングとつぶやいたダックスは、どんな結婚もみな平等だと言いたかったのだろう。ダックスとクリステンには今年3月に娘のリンカーン・ベル・シェパードちゃんが誕生している。(澤田理沙)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]