山下達郎、松本潤×上野樹里『陽だまりの彼女』主題歌を書き下ろし!ビーチ・ボーイズと真っ向勝負!?

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
松本潤×上野樹里『陽だまりの彼女』の主題歌を歌う山下達郎 - (C) 2013『陽だまりの彼女』製作委員会

 山下達郎の新曲「光と君へのレクイエム」が、松本潤上野樹里が初共演する映画『陽だまりの彼女』の主題歌に決定した。

映画『陽だまりの彼女』フォトギャラリー

 本作のためだけに同曲を書き下ろした山下は、「(本作は)松潤くんと上野樹里さんのクローズアップがたまらなく素敵な映画。彼らの持つ若さと清廉さを歌にしてみたくてこの曲を作りました。淡く悲しい恋物語に一筋の温もりを」と、エンディングで流れる涙を優しく爽やかな感情に変えるようなアップナンバーだという楽曲に込めた思いを語った。

[PR]

 原作でもヒロインのお気に入りの曲としてたびたび登場するザ・ビーチ・ボーイズの名曲「素敵じゃないか」がすでにテーマソングとして起用されていた本作だが、主題歌を依頼されたとき、山下は「まさかこの歳でビーチ・ボーイズと真っ向勝負されるとは思わなかった」と驚きながらも、うれしそうに笑っていたという。

 さらに、今回の決定には主演の二人からも喜びのコメントが寄せられ、松本は「敬愛する達郎さんに、僕が出演する作品の主題歌を書き下ろしていただいてとても幸せです。エンドロールで達郎さんの歌を聴きながら、作品の余韻に浸れるのはとてもぜいたくなことに感じました。達郎さん、素敵な曲を提供していただき、ありがとうございます!」とあふれんばかりの喜びと感謝の気持ちをあらわにする。

 一方の上野も「浩介の情熱的な鼓動や体温を感じる、真緒の軽やかに幸せそうに刻む命の美しさを感じる愛おしい曲です。この曲の躍動感と生命力がどんな夢のような幸せの数々も、永遠のものにする強さをくれる。二人の愛の強さを感じて下さい」と登場人物にマッチした同曲の魅力を表現した。なお、「光と君へのレクイエム」は10月上旬のリリースを予定している。(編集部・中山雄一朗)

映画『陽だまりの彼女』は10月12日より全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]