「主君の太陽」ソ・ジソブ、唯我独尊な社長に<韓国JPICTURES>

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
いつもとは違う役柄にまだ慣れず - ソ・ジソブ - Copyrights(C) Jpictures Syndicate

[韓国 30日 JPICTURES]7月30日、ソウル陽川(ヤンチョン)区木(モク)洞SBS社屋で開催されたSBS新水木ドラマスペシャル「主君の太陽」製作発表会で、ソ・ジソブは「久しぶりに軽い役だ」と話し始めた。

ドラマ「主君の太陽」製作発表会フォトギャラリー

 ソ・ジソブは、けちくさく無情で欲張りな唯我独尊のショッピングモールキングダム社長であるチュ・ジュンウォン役を引き受けた。ソ・ジソブは「ときめいたり緊張したりする。率直に言えばまだぎこちない。運転をしてくれる人がいる車に座っていて、仕事をしてくれる人がいて……ヤクザの役を除いてはこんな役は初めてだ。今では楽しみながら面白く撮影中だ」と伝えた。

[PR]

 続いて「僕は心の中の気持ちを言わない性格だ。心の中にある気持ちを言葉にはしないが、劇中のチュ・ジュンウォンは心の中にある言葉を全て言う。全てのことが計算的で、お金以外のことを知らない。自分を触れば10万ウォンだと叫んだりもする。初めはぎこちなかったが、演技してみたら面白い。人々に指示するのが面白かった。以前は僕が直接走ったが、今は指示して人を動かす。新鮮だ」と付け加えた。

 「主君の太陽」はけちくさくて傲慢(ごうまん)でワガママな男性と、幽霊が見える能力を持った涙もろい女性のロマンスコミカルホラー。韓国で8月7日に初放送される。(Jpictures Syndicate)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]