西島秀俊に「デビ子」と呼ばれる、フランス版綾瀬はるか出現!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
フランス版綾瀬はるかことデボラの活躍に期待! - (C) 2012 - copyright : Les Productions du Tresor - France 3 Cinema - France 2 Cinema - Mars Films - Wild Bunch - Panache Productions - La Cie Cinematographique - RTBF (Television belge) (C) Photos - Jair Sfez.

 1950年代のフランスが舞台の映画『タイピスト!』の、とびきりキュートな笑顔とコケティッシュさが魅力のヒロイン・ローズが、まるでフランス版綾瀬はるかのようだと話題になっている。

フランス版綾瀬はるか!? 『タイピスト!』場面写真

 本作は、映画『アーティスト』『オーケストラ!』の製作陣が贈るラブコメディー。タイプの早打ち以外には取りえのないヒロイン・ローズ(デボラ・フランソワ)が、憧れの秘書になるためにタイプライター早打ち世界大会の優勝を目指し、ボス兼鬼コーチのルイ(ロマン・デュリス)の家に住み込みながらタイプの鍛錬に打ち込むという、スポ根的ドラマも楽しめる一作だ。

[PR]

 秘書としては電話応対さえおぼつかず、必要書類をうっかりシュレッダーで切り刻むというドジっぷりを見せるローズ。その屈託のない笑顔は、綾瀬はるかがドラマ「ホタルノヒカリ」で演じた、仕事はできるが家ではぐうたらな“干物女”こと蛍にも通じる。本作の何事にも一生懸命で好奇心旺盛な天然系ヒロインは、もしかすると素のままの綾瀬はるかに近いかもしれない。

 今回ヒロインに抜てきされたデボラ・フランソワは、阿部寛西島秀俊共演のフランス映画『メモリーズ・コーナー』にも出演しており、撮影で日本に滞在していたこともあるとか。共演の二人とは気も合ったようで、西島はいたずらを仕掛けてくる彼女のことを、小悪魔の意味で「デビル」と名前の“デボラ”を引っ掛けて、「デビ子、おいデビ子!」と親しみを込めて呼んでいたらしい。

 そんなコケティッシュな彼女が体現する、古き良き1950年代の小粋でオシャレなエッセンスが詰まった本作。色鮮やかな映像や、クラシカルでエレガントなファッション、そしてまるでひまわりのようなヒロインの明るさに魅了される。(文・平野敦子)

映画『タイピスト!』は8月17日よりヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国順次公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]