満島ひかり、瀬戸内寂聴モデルの難役にもがく

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
専門学校で染色を体験し役づくりを行った満島ひかり

 14日、瀬戸内寂聴の私小説を映画化した『夏の終り』の完成披露試写会がイイノホールで行われ、満島ひかり綾野剛小林薫熊切和嘉監督が浴衣姿で舞台あいさつに登壇した。二人の男性の間で女の業に苦しみ揺れ動く主人公を熱演した満島は、撮影現場で「もがいていました」と苦労を吐露した。

満島&綾野の浴衣姿!フォトギャラリー

 妻子ある年上の作家(小林)と、過去に家族を捨て駆け落ちした年下の男(綾野)の間で、自分なりの愛を追い求め苦悩するヒロインの繊細な心情を表現した満島。「台本を読んで、自分とは関係のない大人のお話」という印象を受け、演技に不安を覚えたというが、「監督がステキな方なので、一緒に映画を作ってみたいという思いで見切り発車してしまいました」と照れた笑顔を見せた。

[PR]

 また、複雑な女心を描いた作品だけに撮影現場では「もがいていた」という満島は、「男性には理解されにくいところがあるかもしれない。自分の目の前にある悶々(もんもん)としたものを、壊すことも、吐き出すこともできない、女性ならではの生きづらさが映っている作品」と撮影当時を思い出しながら語り、同じように感じていたという綾野も、「すごい現場で、非常にぐちゃっとなっていた状態で芝居をしていました」と独特の表現で振り返った。

 染色で生計を立てているという役柄上、服飾の専門学校・文化服装学院に通うなどの入念な役づくりを行った満島。「型染めをする場面は、お芝居よりも面白かったです」などと楽しそうに回顧する場面もあった。現在放送中の主演ドラマ「Woman」(水曜夜10時、日本テレビ系)での演技も好評な満島が、原作者・瀬戸内をモデルにした難役で、新たな一面を見せる。(中村好伸)

映画『夏の終り』は8月31日より有楽町スバル座ほか公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]