オプラ・ウィンフリー、人種差別騒動を謝罪 発言の真意を説明

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
一連の騒動について謝罪したオプラ・ウィンフリー - Jason Merritt / Getty Images

 米人気テレビ番組司会者のオプラ・ウィンフリーが、スイスで人種差別的な扱いを受けたと主張したことから始まった一連の騒動を謝罪した。オプラは先日、スイスのブティックを訪れてハンドバッグを見ようとしたところ、店員から商品を見せることを拒否されたことをテレビ番組で告白。この店員の行為が人種差別的だとして、メディアによる報道が過熱していた。

オプラ・ウィンフリー出演!映画『プレシャス』フォトギャラリー

 E!Onlineなどのメディアによると、オプラは出演映画『ザ・バトラー(原題) / The Butler』のロサンゼルスプレミアに出席した際、一連の騒動に言及。「スイスでの出来事はスイスでの出来事でしかありません。話が大きくなりすぎてしまったことについては本当に申し訳ないと思っています」と謝罪した。

[PR]

 さらに「この話題を出したとき、わたしはわざと店の名前には触れませんでした。それでも、スイスのことだと言ってしまったことについてはお詫びします」とコメントし、過熱する報道に自らブレーキを掛けた。

 またオプラは、この件でスイス観光局からの謝罪を受けているが、テレビ番組での告白がスイスやブティックに対しての非難ではなかったことも強調。「わたしが非難したかったのは、バッグを見せることすらしてくれなかった店員だけです」と改めて発言の真意を説明した。(編集部・福田麗)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]