若手イケメン俳優が勢ぞろい!こだわりの役づくりを明かす

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
映画への意気込みを語ったイケメン俳優陣 - 左から、小野健斗、松田綾、太田基裕、浜尾京介、中村龍介、玉城裕規、中原裕也、山口ヒロキ監督

 注目の若手イケメン俳優が多数出演することで話題の映画『メサイア-漆黒ノ章-』の先行プレミア舞台あいさつが30日、新宿バルト9で行われ、出演者の浜尾京介太田基裕中村龍介松田綾小野健斗玉城裕規中原裕也山口ヒロキ監督が登壇した。会場には多くの女性ファンが詰め掛けており、主演の浜尾は「この作品に携われたことを光栄に思います。見どころ満載、夢がいっぱい詰まった作品。たくさんの人に観てもらいたい」と呼び掛けていた。

若手イケメン俳優が勢ぞろい!フォトギャラリー

 劇中、過去も国籍もないスパイ、通称“サクラ”の候補生・司馬柊介役を演じた浜尾。感情を表に出さないクールな役どころだったが、「僕自身は感情がすぐに表に出てしまうし、態度にも出てしまう。自分とは全然似ていない役だった」と振り返れば、五条颯真役の太田も自身の役柄について「結構熱い男で、感情を行動であらわにするタイプを演じましたが、僕自身は颯真ほどではない」と自身とのギャップがあったことを明かした。

[PR]

 また松田は、大きい銃を扱うことが初めてだったようで、「いろんなところで銃を構えているので、そこが見どころです」と話しつつ、役柄については「スパイという、生死が隣り合わせの役にとても感慨深いものがあった」とコメント。中村も「人から見た僕のイメージはクールとか恐いとか、そういったものですが、それを逆に演技に出してみようとこだわった」と本作でのこだわりを披露した。

 そんな俳優陣に恵まれ、山口監督は「たくさんの映画を観てきたバルト9で自分の映画が流れて感激しています。すてなキャストとスタッフに囲まれ、すごく苛酷な環境だったんですけど、その中で目いっぱい、少しでもクオリティーを上げようと努力して作った作品。細部にまで、みんなのこだわりがある。何度か観ていただくと見えてくるものがあると思います」と作品に込めた思いの一端をのぞかせていた。

 映画『メサイア-漆黒ノ章-』は国家間の情報戦で優位に立つべく、日本の救世主として養成されたスパイたちの姿を描くSFアクション。2010年にドラマCDから始まったプロジェクトで、4月に上演された舞台「メサイア-銅ノ章-」と連動して、舞台と同じキャストによる物語が繰り広げられる。(取材・文 名鹿祥史)

映画『メサイア-漆黒ノ章-』は8月31日より新宿バルト9他全国順次公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]