壇蜜、柔肌を裂いた“鞭の跡”は本物だった!撮影秘話を明かす

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
撮影秘話を明かした壇蜜

 タレントで女優の壇蜜が7日、都内で主演映画『甘い鞭』の写真集発売記念サイン会を行い、劇中で演じたSMシーンについて傷跡はほぼ本物だったという体を張った演技を明かした。

壇蜜、SMシーンでの傷は本物!フォトギャラリー

 本作は人気作家・大石圭の小説を『フィギュアなあなた』などの石井隆監督が映像化したホラーサスペンス。壇蜜が演じているのは17歳の夏に隣家の男に拉致監禁され、男を殺害して生還した過去を持つ主人公・奈緒子。トラウマから昼間は女医、夜はM嬢として生きる姿を、過激なエロス描写と共に過去と現在が巧みに交錯する緻密なストーリーで描いている。

[PR]

 過激なSMシーンの撮影を振り返り「傷もほとんど本物ですよ」とメイクではないことを明かした壇蜜は、「血液が出ている部分は多少の着色があったけど、基本あざだったり傷口だったり、人を刺すシーン以外は生傷でやっています」と聞いている方は耳をふさぎたくなる話もサラリと告白。

 その証拠に撮影の2~3日後に出席したイベントでは生々しい傷跡をファンに披露したといい「こういうふうになってしまったけど、ガッカリさせたくないので、これも含めて見てほしいと思って見せました」とのこと。「あざにびっくりされて『写真を撮りにくい』という方もいらしたけど、今となってはあの写真は大事にしているって言ってくれています」とにこやかに振り返った。

 同写真集では大胆なヌードと共に、そんな劇中カットもそのまま収録。「血液量が半端ない。映画の質感をそのままに出していますので、どこかを修正したり表現をぼやかしたりしていなくて、悪い意味でも良い意味でもグロテスクです。そういった部分が出ていたので、迫力あるものになっていると思います」と見どころをアピールしていた。(中村好伸)

映画『甘い鞭』は9月21日より丸の内TOEIほか全国公開
『甘い鞭』写真集は発売中(税込み:3,045円)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]