壇蜜、変身中の攻撃はNG!スーパー戦隊の悪役挑戦で「フェアプレーの大切さ」を実感

『魔進戦隊キラメイジャー THE MOVIE ビー・バップ・ドリーム』で“悪夢のマエストロ”ミンジョを演じた壇蜜
『魔進戦隊キラメイジャー THE MOVIE ビー・バップ・ドリーム』で“悪夢のマエストロ”ミンジョを演じた壇蜜

 タレントで女優の壇蜜が9日、丸の内TOEIで行われた『スーパー戦隊MOVIEレンジャー2021』(2月20日公開)の完成報告イベントに来場し、戦隊ヒーローものに参加して感じたという「フェアプレーの大切さ」について熱弁をふるった。イベントには小宮璃央一ノ瀬颯駒木根葵汰宮原華音長田成哉誠直也も登壇した。

【動画】キラメイジャー、リュウソウジャー、ゼンカイジャーらが集結!トークノーカット

 スーパー戦隊シリーズの劇場版を3本立てで上映する『スーパー戦隊MOVIEレンジャー2021』。壇蜜は『魔進戦隊キラメイジャー THE MOVIE ビー・バップ・ドリーム』にゲストキャストとして出演し、美しくも冷酷な敵としてキラメイジャーたちの前に立ちはだかるミンジョを演じる。併映は『騎士竜戦隊リュウソウジャー 特別編 メモリー・オブ・ソウルメイツ』と『機界戦隊ゼンカイジャー THE MOVIE 赤い戦い!オール戦隊大集会!!』。

[PR]

 完成報告となったこの日、ステージに立った壇蜜は「公開が延期となって、今か今かと待っている間に一つ歳をとってしまったという……40歳になった記念に悪役のミンジョを見ていただけることになりました」と笑顔であいさつを行った。

 同作で壇蜜が演じるのは、妖艶なコスチュームに大鎌を持ち、羊の怪物・レムードンを従える“悪夢のマエストロ”のミンジョ。壇蜜は「レンジャーものといえば、以前に『地球防衛未亡人』(2014)という作品に出演したことがあるのですが、あの時は全然弱かったんです。ミンジョは本当に強くて、こんなに強い設定でいいのかしらと思っていました」と振り返る。また、「レムードンという魔物と一緒に戦ったりするのですが、いつも一緒にいるのでだんだん好きになってきました。こんなところで社内恋愛はダメだと思ったのですが」と笑った。

 この日は「スーパー戦隊シリーズから受け取ったもの」というテーマにも話が及ぶ。壇蜜は「わたしは敵役から得たことが三つあります」とコメント。まず「一人一人、制服やスーツの色はレッドやイエローと違いますけど、みんなが一つの隊になって、一人ではできないことにも突き進んでいけるという団結力の大切さ」を挙げる。

[PR]

 二つ目として「味方や仲間、それから敵にも事情があって、みんなに戦う理由がある。だからこそ『勝った!』『勝利だ!』と両手を上げて喜ぶ前に、どうして勝てたのだろう? とか、これからどうなるんだろう? と背景を見ることも大切になっていくんじゃないかなと思います」と続けた。最後に「これが一番大事なんですけど」と前置きし、「変身や変形の最中は絶対に攻撃してはいけない、ということです。フェアプレーの大切さですね。フェアさがなかったら、視聴者は入ってこないと思うんです。強くなった、それからどうなるんだと引き込まれてほしいなと思います」と持論を明かす。

 その言葉に、キラメイレッドを演じる小宮は「大切ですね」としみじみ。すると、壇蜜は「わたしにも戦う事情があって、しょうがなかったの。ごめんね、レッド」と謝罪して、会場を温かい空気で包み込んだ。(取材・文:壬生智裕)

キラメイジャー、リュウソウジャー、ゼンカイジャーらが集結!『スーパー戦隊MOVIEレンジャー2021』完成報告イベント【トークノーカット】 » 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]