実写版『はがない』不思議系美少年&妄想天才少女のビジュアル公開!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
楠幸村役の高月彩良(左)と、志熊理科役の神定まお - (C)2014映画「僕は友達が少ない」製作委員会

 「はがない」の愛称で知られる同名人気ライトノベルを原案にした実写映画『僕は友達が少ない』より、楠幸村を演じる高月彩良と、志熊理科を演じる神定まおのビジュアルが公開された。

原作イラストとの比較も!フォトギャラリー

 高月演じる楠幸村は、メイド服をまとうなど外見は明らかに女子でありながら、真の男を目指すことを目的とした不思議系美少年。対する志熊理科は天才発明少女でありながら、始終エロい妄想ばかりをしているという自他共に認めるド変態という、それぞれに個性の強いキャラクターとなっている。

[PR]

 幸村役の高月は、人気ライトノベルが原案であるが故に「撮影は正直とても緊張しました」と振り返ると共に「役づくりが大変でした」と振り返ったが、「役に入っていくうちに幸村の良いところにいっぱい気付けて、ますます幸村が大好きになりました。そして演じていて本当に楽しかったです」と充実した様子。

 一方、理科役の神定も、「完成した台本を読ませていただいたとき、セリフに乗って理科と同じように興奮していく自分に興奮したのを覚えています(笑)」と明かすと、「理科を通してたくさんのすごい経験をさせていただきました。仲間といられる安心と、その時間の素晴らしさを感じ、実際に友達が少ないわたしも、これが友達かぁ。と心底幸せでした」とコメントしている。

 同作は、シリーズ累計発行部数610万部を突破した平坂読の同名ライトノベルを原案にしたラブコメディー。能力は高くとも協調性ゼロであるが故に限りなく“残念”な「隣人部」メンバーの青春模様を描いている。出演はほかに、瀬戸康史北乃きい大谷澪など。(編集部・福田麗)

映画『僕は友達が少ない』は2014年新春、全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]