サンドウィッチマン、やなせたかし氏を追悼 「アンパンマン」でゲスト声優を務める

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
やなせたかし氏をしのんだサンドウィッチマン - (写真は今年7月撮影のもの)

 「アンパンマン」で知られる漫画家・絵本作家のやなせたかし氏が亡くなったことを受け、お笑いコンビ・サンドウィッチマン伊達みきお富澤たけしがそれぞれのブログで追悼コメントを寄せた。二人は今年7月に公開された劇場版第25作『それいけ!アンパンマン とばせ!希望のハンカチ』でゲスト声優を務めていた。

やなせたかし氏、フォトギャラリー(今年6月に撮影)

 伊達は「子供には常に優しく分かりやすく、大人が見れば深いメッセージせいのある素晴らしい映画を沢山作ってくれたやなせ先生。一度、我々を選んで頂いた御礼と感謝を込めてお会いしたかったのですが、叶わずに残念でなりません」とやなせ氏を追悼。さらに2012年1月に誕生した長女が「パンパンマン」と言うようになったというエピソードを紹介すると共に、「娘に自慢出来る大きなお仕事をさせて頂きありがとうございました」と感謝の言葉をつづった。

[PR]

 一方の富澤も「リハーサル中に訃報を聞き、突然のことに驚いています」と心境を吐露。2011年4月に長男が誕生したことや、映画でゲスト声優を務めたことで、さらに「アンパンマン」の影響力を実感したといい、「子供達、そして大人もアンパンマンを通して学ぶことは凄く多いと思います。これからも動く教科書としてアンパンマンを見ていきたいと思っています」と故人をしのんでいる。

 やなせ氏は13日午前3時すぎ、心不全のため都内の病院で死去。享年94歳だった。(編集部・中山雄一朗)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]