レオ×スコセッシ新作、急きょオスカーに参戦!2時間45分の大作でクリスマス全米公開!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
日本では2014年公開予定! - レオナルド・ディカプリオ&マーティン・スコセッシ監督 - Jim Spellman / WireImage / Getty Images

 日本公開の延期が先日発表された、レオナルド・ディカプリオマーティン・スコセッシ監督が5度目のタッグを組んだ話題作『ウルフ・オブ・ウォールストリート』の全米公開が、急きょ今年の12月25日に正式決定した。

レオ×スコセッシ!映画『シャッター アイランド』写真ギャラリー

 本作は、ディカプリオの製作会社が、ジョーダン・ベルフォートの原作「ウォール街狂乱日記-『狼』と呼ばれた私のヤバすぎる人生」を基に、パラマウント・ピクチャーズのもとで製作した作品で、26歳で年収4,900万ドル(約49億円 1ドル100円計算)を稼ぎ出した男の栄光と挫折を描いている。キャストには、ディカプリオ以外に、マシュー・マコノヒージョナ・ヒルジャン・デュジャルダンロブ・ライナーらが出演している。

[PR]

 同作は、当初全米公開は11月15日を予定していたが、製作スケジュールの都合で来年に公開が延期するとの報道が流れたが、パラマウントは急きょ12月25日に正式に公開することを決定したようだ。

 つまり、来年のオスカーの有力候補として参戦することになった。さらに、当初3時間越えだった作品を編集して、上映時間も2時間45分にまとめたようだ。日本では2014年公開予定。 (細木信宏/Nobuhiro Hosoki)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]