島倉千代子さん、人生いろいろ教えてもらった…山田邦子が悲痛な思い

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
山田邦子 - 画像は2012年のもの

 歌手の島倉千代子さんが8日、肝臓がんのため75歳で死去したことを受け、タレントの山田邦子が、「とても悲しいです。突然のことで、驚いています」など、自身のブログで悲痛な思いをつづった。

島倉千代子さん代表曲ギャラリー

 山田は、1980年代の人気バラエティー番組「オレたちひょうきん族」(フジテレビ)にて島倉さんのものまねを披露し人気を博した。ものまねをきっかけに、島倉さんにかわいがってもらったという山田は、「旅番組で、一緒にお風呂に入り、話し込んで、のぼせてしまったりもしました。大先輩ですが、とても可愛らしく、いつも歌に、恋にときめいて、そして強く、まさに人生いろいろ教えて頂きました」と振り返る。

[PR]

 また共に乳がんを患った経験を持つことから、「乳ガンの先輩でもあり、励ましてもいただきました。メル友でしたが、最近ちょっと打ってなかったことが悔やまれます」つづった山田。島倉さんのヒット曲「人生いろいろ」について「これからも大切に歌います」と決意を明かすと「ご冥福をお祈りいたします。ありがとうございました」と故人を偲んだ。

 突然の訃報に、山田のほかにも芸能関係者がブログでお悔みの言葉を述べており、アグネス・チャンは「憧れのなでしこでした。。。残念。。。さみしくなります」と心境を明かし「信じられない気持ちです。永遠の日本の歌姫、安らかにおやすみください」と吐露。あべ静江も「また 寂しくなりました。。。」と題したブログ記事で「島倉千代子さんの御冥福を心から お祈り申し上げます。どうぞ 安らかに。。。」とお悔やみの言葉をつづった。

 また黒人演歌歌手として話題を呼んだジェロは「東京だョおっ母さん」「この世の花」など、島倉さんの名曲を家族と一緒によく歌っていたといい、「10代の時にアメリカで島倉さんのCDを購入したこともありました。今でも持っています。75歳の若さで他界されるなんて、とても残念です」とその死を惜しんだ。

 島倉さんはかねてより病気療養中だったが、8日の午後12時30分に容体が急変。東京共済病院にて息を引き取った。(西村重人)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]