11年ぶり来日のポール、「素晴らしい日本の観客のみんなの前で演奏した」 最高の思い出を明かす

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
11年ぶりの来日公演を行ったポール・マッカートニー - Kevin Mazur / WireImage

 11年ぶりの来日公演を行ったミュージシャンのポール・マッカートニーが、日本での最高の思い出をオフィシャルサイトで明かしている。

 21日、来日公演を記念したオフィシャルサイト内のQ&A企画で「日本での最高の思い出は?」とファンから質問されたポールは、「日本での楽しかった思い出は、京都で旅館に泊まって、畳の上で寝て、朝起きて囲炉裏の周りに座ったこと」と答えると、続けて「また素晴らしい日本の観客のみんなの前で演奏したこと」と日本のファンにメッセージを送った。

 ほかに同企画では「好きな日本食は?」「日本で好きな場所はどこですか?」といった日本関連の質問が寄せられており、ポールはそれぞれ「動物愛護と環境保護を支持しているから長年ベジタリアンなんだけど、日本食で好きなのはアボカドときゅうりの野菜寿司」、「日本の全ての地域を知らないけど、東京と京都の二か所は好きな場所だ。東京は近代都市的な雰囲気で刺激的だし、京都は日本文化の歴史や古い伝統が残っていて、個人的に興味がある」と真摯(しんし)に回答。

[PR]

 また、「あなたの歌を歌うと英語が上達すると思いますか?」という質問に対しては、「絶対にいい方法だと思う。世界中の人達、例えばロシアや南米では、僕達の音楽を聞いて、歌詞の意味を調べたりして英語を学んでいる」とつづっている。

 ポールの来日公演は11日の大阪公演で開幕した後、福岡公演を経て、21日の東京公演でフィナーレ。ミュージシャンをはじめとする多くの著名人が同公演を訪れたことを明かしており、タレントの志村けんは「感動と興奮を有難うございました」と涙を流したことをブログで明かしていた。(編集部・福田麗)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]