リメイク版『熱い賭け』マーク・ウォールバーグの母親役にジェシカ・ラング

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ジェシカ・ラングの出演が決定! - Steve Granitz / WireImage / Getty Images

 映画『トッツィー』(1982)で助演女優賞、『ブルースカイ』(1994)で主演女優賞と2度のオスカーに輝くジェシカ・ラングが、『熱い賭け』(1974)のリメイク作品に出演することが決定したとDeadline.comが伝えた。

ジェシカ・ラングの笑顔がステキ!映画『ビッグ・フィッシュ』写真ギャラリー

 オリジナルは、カレル・ライス監督、ジェームズ・カーン主演で、一人の知性あふれる男がギャンブルにはまり、身の破滅を招くさまを描いたドラマ。パラマウントがリメイク版の製作を手掛ける。

[PR]

 主演はマーク・ウォールバーグに決定しており、ラングはギャンブルに負け、膨れ上がった借金を抱える息子に救済の手を差し伸べる母親を演じる。監督は、映画『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』のルパート・ワイアット

 ラングは、テレビドラマ「アメリカン・ホラー・ストーリー:コヴン(原題) / American Horror Story: Coven」で、今年のゴールデン・グローブ賞のミニシリーズ/テレビ映画部門女優賞にノミネートされている。(鯨岡孝子)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]