妻夫木聡、次回作ではゆるキャラ役に、北川景子はちょいエロ秘書役を熱望!?

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
抜群のコンビネーションで観客を笑いに誘う - 撮影:氏家岳寛

 妻夫木聡北川景子が、ヒューマンコメディー『ジャッジ!』でついに本格共演。国際映画祭ならぬ国際広告祭を舞台とする今作で、広告愛だけは人一倍強い落ちこぼれ広告マン太田(妻夫木)と、彼の窮地を放っておけない同僚女性の大田(北川)を演じている。

 ソフトバンクの「ホワイト家族」シリーズやトヨタ自動車「ドラえもん」シリーズなどのCMプランナー澤本嘉光による脚本を、トヨタ自動車「TOYOTOWN」やサントリー「GREEN DA・KA・RA」などを手掛けたCMディレクターの永井聡が作り上げた映画『ジャッジ!』。その話題の筆頭は、日本映画界の若手トップランナー二人の7年ぶりにして初の本格共演ながら、リリー・フランキー鈴木京香豊川悦司ら豪華かつ個性的なキャスト陣がふんした、ユニークなサブキャラクターたちにも関心が集まっている。

 広告業界を取り巻く怪しくもチャーミングなキャラクターを演じて脇を支えたのは、前述のメインキャストのほかに荒川良々玉山鉄二でんでん加瀬亮竹中直人など、三谷幸喜作品にも劣らないぜいたく過ぎる面々だ。妻夫木によると、往年のアイドル松本伊代演じる“経理の松本さん”が「試写室で一番ウケた」と永井監督はつぶやいたそうだが、この設定にほくそ笑むのは、オーバー40の証しかもしれない。

[PR]

 ちなみに妻夫木の推しメンは、食品メーカーの宣伝室長役のあがた森魚。「コン、コン、コン♪」と観賞後にはCMソングが脳内をリフレインすること請け合いの劇中CMを、いたく気に入る不思議ちゃんキャラだ。一方、北川のイチオシは、玄里(ひょんり)演じる秘書原田。むちゃぶりボス役豊川の膝の上でノートPCを操り、おやじ転がし系キャラに転がされるのは、意外に女性観客なのかも!? 「もう一回キャスティングをしてもらえるなら、この役がいい」とまで北川が言い切るちょいエロ秘書にも要注目だ。(取材・文:柴田メグミ)

映画『ジャッジ!』は全国公開中

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]