吉永小百合、今度は松山ケンイチのお母さんに…次回作も母役望む

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
松山ケンイチと吉永小百合

 女優の吉永小百合が10日、銀座の丸の内TOEIで行われた映画『BUDDHA2 手塚治虫のブッダ-終わりなき旅-』完成披露イベントに出席した。会見で吉永は、本作で共演した松山ケンイチについて「もし次回作があったら松山ケンイチさんの母親になりたい」と語り会場を沸かせた。この日は吉岡秀隆観世清和大和田伸也小村敏明監督、エグゼクティブ・プロデューサーの森下孝三も出席した。

吉永小百合、今度は松山ケンイチのお母さんに…フォトギャラリー

 本作は、漫画界の巨匠・手塚治虫による大長編「ブッダ」が原作の長編アニメーション。2011年に公開された『手塚治虫のブッダ 赤い砂漠よ!美しく』の続編となる。自身の役どころについて吉永は、「前作では堺雅人さんのお母さんの役でしたが、今回は吉岡秀隆さんのお母さんの役をやっております」と解説。

[PR]

 さらに「俳優として、お母さん冥利(みょうり)に尽きております」と続けた吉永は「パート2のお披露目の日なので、ちょっと気が早いですが、もしパート3ができたら、松山ケンイチさんのお母さんになりたい」とあいさつ。すると松山も「僕も切に願っております」と返し、共にさらなる共演を望んでいる様子だった。

 大の原作ファンだという松山は、中でも過去に母と姉を殺された悲しい過去を持つ盗賊タッタが特に印象に残っていたといい、「今回の映画にタッタが登場するということで、(声優をやりたいと)頼み込んでいました」と本作出演を熱望していたことを明かす。しかし実際の声優業については「そういうモチベーションはものすごくあったのですが、そういえば声優の仕事をあまりしたことがなかったなと思って」とコメント。収録を振り返ると「(声優は)いつもの現場とは違ったので、最初は戸惑いましたが、そういう難しさも含めて楽しめました」と充実した表情を見せていた。(取材・文:壬生智裕)

映画『BUDDHA2 手塚治虫のブッダ-終わりなき旅-』は2月8日より全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]