菊地亜美、消したい記憶に「ピン子さん」

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
西島秀俊の肉体を「マッチョでかっこいい」と称賛した菊地亜美

 人気アイドルグループ・アイドリング!!!の菊地亜美が14日、スペースFS汐留で行われた映画『ゲノムハザード ある天才科学者の5日間』公開記念イベントに出席。記憶を上書きされる映画にちなみ、「上書きしたい失敗談」を聞かれると、「(泉)ピン子さん」と声を小さくして明かした。

菊地亜美のミニスカ美脚!写真ギャラリー

 菊地は4日放送のバラエティー番組「鶴瓶・今田のイチバン新年会」(関西テレビ系)で、昨年末に収録した番組で女優・泉ピン子から泣かされたことに言及し話題になっていた。「いつも頑張りすぎで、怒られるか褒められるかどっちか。今年は褒められる回数を多くしたい」と努力が空回りしてしまうことを嘆いた菊地は、収録でも気合いが入っていたためか「ピン子さんに『めんどくさいよ、あなた』って言われて。怖かったです。(番組内で)1回も絡んでいなかったけど、遠くから見てわたしのことが嫌だったんでしょうね」と反省。

[PR]

 とはいえ、その後楽屋で泉から「あれはもっと言い返してくれていのよ」と気遣われたという菊地。今では愛のムチと感じているようで「ポジティブにとらえて、共演がなかったらそういうこと、もし共演があったらそれでも呼んでくださったと思って頑張りたいと思います」と再共演に意欲的だった。

 また映画は邦画の恋愛モノをよく観ると言い、「一応、恋愛禁止なので、キュンキュンしたくて観ています」。本作については「怖い映画かと思ったけど、途中で西島(秀俊)さんの上半身を見られて得した気分。マッチョでかっこよかった」と目をハートにさせていた。イベントには具志堅用高も出席した。

 本作は俳優・西島秀俊主演のサスペンス・アクション。記憶の上書きに気付いた天才科学者・石神(西島)が真実を追う姿を描く。原作は司城志朗の小説「ゲノムハザード」。『美しき野獣』などのキム・ソンス監督がメガホンを取り、韓国の新進女優キム・ヒョジン真木よう子らが共演している。(中村好伸)

映画『ゲノムハザード ある天才科学者の5日間』は1月24日よりTOHOシネマズ 六本木ヒルズほか全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]