『バベル』のイニャリトゥ監督が「ジャングル・ブック」降板!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
イニャリトゥ監督版も観たかったです…… - アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督 - Tommaso Boddi / WireImage / Getty Images

 イギリスの作家ジョセフ・ラドヤード・キップリングが1894年に発表した「ジャングル・ブック」の再映画化で、当初監督予定だった『バベル』のアレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督が降板したことがDeadlineほか複数のメディアで報じられた。

イニャリトゥ監督映画『バベル』フォトギャラリー

 本作は、映画『ハリー・ポッター』シリーズを手掛けた脚本家スティーヴ・クローヴスがワーナー・ブラザースの下で企画している作品で、脚本はスティーヴの娘キャリー・クローヴスが脚色することになっている。そして映画『ビューティフル BIUTIFUL』『バベル』などのイニャリトゥ監督がメガホンを取る予定だったが、降板したようだ。今のところ、降板理由は明かされていない。

[PR]

 さらに、現在ディズニーも映画『アイアンマン』などで名をはせたジョン・ファヴロー監督の下で同小説の実写化を進めているため、ハリウッドのスタジオ対決が必死で、ワーナーは早急に代役を探すことになりそうだ。

 イニャリトゥの手腕でこれまでと違った「ジャングル・ブック」を観てみたかったが、新たな監督にも期待したい。(細木信宏/Nobuhiro Hosoki)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]