「機動戦士ガンダム」富野由悠季監督、新作でハリウッドと提携!過去作リメイクか

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
新作でハリウッドと手を組む富野由悠季監督

 アニメ「機動戦士ガンダム」シリーズなどで知られる富野由悠季監督が21日、都内で行われた、自身の所属する株式会社「オオカゼノオコルサマ」と、米ハリウッドの制作会社「Legacy Effects」の業務提携及び提携作品発表会見に出席した。会見では、富野監督が提携作品の第1弾として、ハリウッドに向けて新作を手掛けることが発表された。

 オオカゼノオコルサマは、富野監督をはじめ多くのクリエーターが所属するプロデューサー集団。一方、Legacy Effectsは『アバター』や『アイアンマン』などさまざまなハリウッド人気作品で、特殊メイクや特殊スーツ、キャラクターデザインなどを提供している世界トップクラスのエフェクトスタジオだ。

 権利関係の問題などを調整中のため、提携作品の具体的なタイトルなどは明かされなかったが、富野監督は「今日までのキャリアでいえば基本的にテレビアニメ発で作品を発表してきましたし、第1作目で全くの新作でリスクを冒すことはできませんので、過去の作品からリメイクする可能性を考えて今日までがんばってもらいました」と自身の過去作品をリメイクする可能性を示唆。

[PR]

 一方で「たとえば『ガンダム』であっても、俺だったらこういう作り方ができるぞというものを、当然少しは持っています。しかし、今の時期に『ガンダム』か……といえば、今は僕の知らない新しい『ガンダム』がたくさんありますのでそういうものに混ざりたくはありませんから、別物でいきたい」と思いを明かした。

 さらに富野監督は、「一番重要なことは、僕の過去作の何かを映画化することではなく、これからLegacy Effectsとオオカゼノオコルサマをベースとして、世界配給ができるようにアニメ発・コミック発のコンテンツを持った日本の映像企画を広く世界に提供していくこと。そういう基盤を東京とハリウッドに作っていきたいと思っています」と力説。Legacy Effectsとの業務提供については「元零戦のパイロットがアメリカの最新鋭の戦闘機に乗らせてもらえる気分」と気持ちを表現すると、同社が『パシフィック・リム』の武装スーツなどを手掛けていることに触れ「技術に対して不足感は一切ありません」と信頼を寄せていた。(中村好伸)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]