神田沙也加の歌声に涙!来日したディズニー最新作の監督「あまりに美しい」と絶賛

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
神田沙也加(右)の歌に感激の涙を流したジェニファー・リー監督(左)

 30日、ディズニー最新作『アナと雪の女王』来日記者会見が都内で行われ、クリス・バック&ジェニファー・リー監督とプロデューサーのピーター・デル・ヴェッチョ、日本語吹き替え版でWヒロインとなる姉妹の妹・アナ役の声優を務めた神田沙也加らが出席。神田が披露した劇中歌「For The First Time In Forever」の生歌にリー監督が感激し、思わず涙を流す一幕もあった。

本田望結・紗来姉妹がスケーティング披露!『アナと雪の女王』来日会見フォトギャラリー

 日本語版も鑑賞済みだというバック&リー監督、デル・ヴェッチョの3人。バック監督が「オリジナルの声優たちが聞いてもきっと素晴らしいと言うでしょう」と神田を称えれば、デル・ヴェッチョも「アナの声の質に、彼女の声はピッタリだった」と絶賛。

[PR]

 中でもリー監督は神田の声が相当気に入った様子で「アナのエネルギーや喜び、ユーモア、全てを素晴らしく演じてくださった」とコメント。その後、神田の生歌に突然涙ぐんで、「あまりに美しい。感動しました。素晴らしく歌いあげてくれてありがとう」と声を震わせた。

 神田は「もったいないお言葉」と恐縮しつつ、吹き替えを担当したことに「ディズニーの一員になれたようでうれしかった。アンデルセン童話も小さい頃から読んでいましたし、ヒロインだなんてまだ信じられません」と笑顔。演じたアナについては「行動派なところが自分と似ている」と共感していた。

 また、本作が本年度アカデミー賞で『風立ちぬ』と並び長編アニメ賞にノミネートされていることについて、リー監督は「敬愛する宮崎(駿)監督とノミネートされて光栄です」と語り、「監督にはわたしもピーターも普段からとてもインスピレーションをいただいています。好きな作品は『千と千尋の神隠し』。結果については難しい。わからないです」と言葉を濁した。

 本作は、アンデルセンの童話「雪の女王」をヒントにしたミュージカルアニメ。運命に引き裂かれたプリンセス姉妹を主人公に、凍った世界を救う真実の愛を描いている。イベントには子役でフィギュアスケーターでもある本田望結と妹・紗来も登壇し、劇中歌に乗ってスケートを披露した。(取材・文:名鹿祥史)

映画『アナと雪の女王』は3月14日より2D / 3D全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]