能年玲奈、“夏ばっぱ”との再会に「すごく興奮しました」

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
“夏ばっぱ”との再会に大興奮の能年玲奈

 女優の能年玲奈が6日、日本映画テレビプロデューサー協会が選ぶ2014 年エランドール賞の新人賞を受賞し、授賞式後に行われた報道陣の取材に応じた。授賞式には、「あまちゃん」で“夏ばっぱ”を演じた女優の宮本信子らが花束ゲストとして駆け付け、能年は「檀上から袖に宮本さんがいらしているのが見えて、すごく興奮しました」と振り返った。

今年の顔がずらり!エランドール賞授賞式フォトギャラリー

 この日の会場は、新人賞に輝いた能年や橋本愛福士蒼汰のほか、特別賞に選ばれた「あまちゃん」制作チームも出席するなど同ドラマ一色に。さらに、能年、橋本、福士がステージに登場すると、花束ゲストとして宮本、皆川猿時小池徹平サプライズで登場して会場を盛り上げた。

[PR]

 受賞を振り返った能年は、「ファンの皆さまのおかげで、すてきな賞を頂けました」と感謝。また、劇中でアイドルを演じたことについて「グループになって歌うのがすごく楽しくて。以前、バンドをやっていて、みんなで一つになって一生懸命やることの楽しさを覚えていたので、すごく楽しかった」と晴れやかな笑顔で語った。

 エランドール賞は1956年に開始し、日本映画テレビプロデューサー協会が優れた映画やテレビ番組、俳優、番組プロデューサーなどに贈るアワード。新人賞は1年を通じて最も活躍した将来有望な新人俳優に贈られる賞で、能年、橋本、福士のほかに綾野剛木村文乃東出昌大が受賞した。(中村好伸)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]