まゆゆ号泣! 渡り廊下走り隊5年の歴史に幕

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
5年の歴史に幕を閉じた渡り廊下走り隊

 9日、都内で行われたAKB48の派生ユニット・渡り廊下走り隊の解散コンサートで渡辺麻友が号泣した。2009年1月のユニットデビューから5年間、中心的存在として活躍した渡辺は、イベント終盤に気持ちをこらえられず「うー!うー!」と声を上げて号泣。「皆さんと一緒に走った日々は青春です。今まで本当にありがとうございました」とファンに感謝のメッセージを送った。

 メンバー編成を変えながら活動してきた同グループらしく、コンサートはその歴史をなぞるようにデビュー曲「初恋ダッシュ/青い未来」で幕開け。途中、現在は芸能界を引退している元メンバーの小森美果サプライズで登場する場面もあった。そして「完璧ぐ~のね」「ギュッ」「へたっぴウィンク」など全27曲を熱唱した。

 終盤は渡り廊下走り隊での活動を振り返って一人ずつコメントすると、メンバー全員が涙を見せ、渡辺も号泣。「うー!うー!」という泣き声は「まゆゆの泣き声サイレンみたい!」とメンバーに突っ込まれていた。渡辺は「グループの解散を初めて経験するのですが、こんなにも切なくて苦しいんだなと実感しています。胸がいっぱいで張り裂けそうです」と胸中を吐露。仲川遥香は「早いけど、もう再結成したいです」とこぼしていた。(取材・文:名鹿祥史)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]