ジェニファー・ローレンス、またコケる!今度はレッドカーペットで尻もち

第86回アカデミー賞

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
アカデミー賞でまたコケてしまったジェニファー・ローレンス - Kevin Mazur / WireImage / Getty Images

 現地時間2日、第86回アカデミー賞授賞式のレッドカーペットに登場した女優のジェニファー・ローレンスが、コケるというハプニングがあった。ジェニファーは主演女優賞を受賞した昨年も授賞式でステージに向かう際にコケており、2年連続での“ドジっ子”披露となった。

映画『アメリカン・ハッスル』写真ギャラリー

 真っ赤なドレスでレッドカーペットに現れたジェニファーは、まだ23歳とは思えない貫禄でインタビューに対応。だが移動中に、自分のドレスの裾を踏みつけてしまい、尻もち。すぐに周囲の人に助け起こされたものの、約700人の観衆が集まった大舞台で恥ずかしいところを見せてしまった。

[PR]

 その場面を捉えたビデオは、すぐにSNSで拡散。ツイッターなどで「またやった!」「いろいろな意味で23歳には思えない」「しっかりしてそうなのに、素で天然なんて……」といった反応が続々が寄せられた。若手実力派女優はそのキャラクターも含め、映画ファンから愛されているさまがうかがえる。

 ジェニファーは今年、『アメリカン・ハッスル』で助演女優賞にノミネート。『世界にひとつのプレイブック』で主演女優賞を受賞した昨年に続いての受賞に期待がかかるが、昨年同様、コケたことが受賞の願掛けになるのか? そんなところにも注目だ。(編集部・福田麗)

第86回アカデミー賞授賞式ダイジェスト版は、3月9日(日)午後3:20よりWOWOWプライムにて放送

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]