イエス・キリスト役俳優がイケメンすぎると批判殺到

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
イエス・キリストにしてはイケメンすぎると批判を浴びているディオゴ・モルガード - Mark Davis / Getty Images

 先日、北米で封切られたばかりの映画『サン・オブ・ゴッド(原題) / Son of God』が、思わぬところで反響を呼んでいる。主人公のイエス・キリスト役の俳優がイケメンすぎると批判を浴びているのだ。

 同作は先月28日(現地時間)より北米で公開中。2013年に放送されたテレビ・ミニシリーズ「ザ・バイブル(原題) / The Bible」を基にした歴史劇で、イエス・キリストの誕生から復活までを描いている。主人公のイエス・キリストを演じるのは、ポルトガル出身で、モデルから転身を果たした俳優のディオゴ・モルガードだ。

 ディオゴは「ザ・バイブル(原題)」出演時からイケメンぶりが話題になっており、その役柄から“ホット・ジーザス”という愛称も付けられた。だがE!Onlineによると、ここへ来て、そのディオゴがキリストを演じるにはイケメンすぎるという批判が殺到しているとのこと。最新の研究では、イエス・キリストは現在でいうパレスチナ人の男性に似ている外見をしていたようだと推測されており、ディオゴがポルトガル出身であることも批判の理由の一つのようだ。

[PR]

 だが、同メディアの取材に応じた同作プロデューサーのマーク・バーネットは「馬鹿らしい」と批判を一蹴。“ホット・ジーザス”ことディオゴ自身も「この呼ばれ方は褒め言葉だと思っているよ。もっと良いものをあればとは思うけどね」とコメントし、気にも留めていない様子を見せている。

 ちなみに作品は公開週に2,560万ドル(約25億6,000万円・1ドル100円計算)の興行収入を上げ、スタジオの予想を上回るヒットを記録している。(編集部・福田麗)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]