阿部寛、琴欧洲に片手で持ち上げられ悲鳴!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
琴欧洲(上)、上戸彩、阿部寛(下)

 阿部寛上戸彩が26日、映画『テルマエ・ロマエII』の完成披露イベントに宍戸開竹内力菅登未男いか八朗武内英樹監督らと共に出席した。本作には、日本相撲協会の協力のもと10数名の力士が登場しており、この日はそのうち琴欧洲豪風関大喜鵬関の3人もイベントに駆け付けた。

阿部寛、琴欧洲に持ち上げられる!フォトギャラリー

 撮影中、力士の取り組みを実際に見たという阿部は、「体が当たる音があんなにすごいのかとビックリしました」といい、「今日も、裏でどのくらい力があるのかなと思って、(琴欧洲に)組んでもらったんですけど、片手で持ち上げられてビックリしました。やっぱり全然違うなって」とコメント。さらに、その現場を見ていたという上戸が「阿部さんが『いやーっ!』って叫んでいました」と暴露すると、琴欧洲は実際に阿部を持ち上げ再現してみせ会場を沸かせた。

[PR]

 また、映画初出演の琴欧洲は「大変緊張しました」と感想を述べつつも、「また阿部さんの胸を借りて(芝居に)挑戦してみたい」と俳優業に意欲。上戸はそんな琴欧洲ら力士の演技について、「お相撲さん10人くらいと銭湯のシーンでご一緒したんですけど、皆さん優しく明るくて、わたしにとってはとても癒やしの空間でした。お芝居もすごく自然な感じにこなされていました」と絶賛した。

 本作は、阿部が古代ローマ人を演じ話題になった映画『テルマエ・ロマエ』の続編。新たな浴場建設を命じられアイデアに煮詰まった主人公ルシウスが、再度日本と古代ローマを行き交うさまを描く。イベントでは出演陣がみこしで登場し、力士たちも交えてレッドカーペットを仲良く闊歩(かっぽ)した。(取材・文:名鹿祥史)

映画『テルマエ・ロマエII』は4月26日より全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]