「芸能界で1番、暇な芸能人」と告白した橋本甜歌、ミニスカ女子高生姿で登場!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ミニスカ女子高生姿で登場した橋本甜歌

 NHKのテレビ番組「天才てれびくんMAX」の元てれび戦士として知られる女優の橋本甜歌が6日、タワーレコード渋谷店で行われた『最近、妹のようすがちょっとおかしいんだが。』メイキングDVD発売記念イベントに来場し、本作への思いを語った。この日は青山裕企監督、伊基公袁監督も来場した。

「芸能界で1番、暇な芸能人」と告白した橋本甜歌 画像ギャラリー

 先日、バラエティー番組「有吉反省会」に出演した際に「芸能界で1番、暇な芸能人」であることを告白した橋本。この日も「映画の公開前なのに、こんなに暇でいいのかと思うくらいに本当に暇なんですよ。なんだったらマネージャーに聞いてみてください。(スケジュールが)ガラ空きなんで」とぶちまけて会場を沸かせた。

[PR]

 原作は、親の再婚で義理の兄妹になった美月(橋本)と夕哉(小林ユウキチ)、そして夕哉に恋をしたまま死んでしまった幽霊の少女が織り成す騒動を描いた松沢まりの人気コミック。本作で、本格的な女優業に進出したと言われる橋本だが、彼女自身は「転身と言っても、女優しかやらないわけではなくて、いろいろなジャンルの仕事ができたらいいなと思っています」と意欲的なコメント。本作では自身初となるフルヌードも披露しており、「フルヌードをやることは分かっていたけど、撮影現場には、男性のスタッフもいるんで、裸でポツンといることに慣れることはなかった。けど、やらないと終わらないから、本番と言われたら、まじめにやりました」と笑う。

 「最初は緊張が伝わってきましたけど、甜歌さんはプロというか、本番は一発で決めてくる。ただ、シーンとシーンの間の休み時間は大概、裸で寝ていましたけどね」と振り返る青山監督に対し、橋本は「ちょうど(ゲームの)『モンスターハンター』が発売された時だったので、撮影と両立していたんです」と彼女らしいコメントで会場を沸かせた。

 飾らない性格の橋本を「天真らんまん」(青山監督)、「天真らんまんさとオタク気質が両立していることに面白みと深みがある」(伊基監督)と評する両監督。その後、本作主人公の神前美月名義でリリースした主題歌「HOW'S IT GOING?」を、主題歌プロデューサーのtofubeatsと一緒に生披露。「ダメだ、緊張した!」と反省する橋本であったが、会場から大きな拍手が送られると、橋本は「ありがとうございます!」と満面の笑みとなった。(取材・文:壬生智裕)

映画『最近、妹のようすがちょっとおかしいんだが。』は5月17日より池袋シネマ・ロサほか全国公開
主題歌シングル「HOW'S IT GOING?」は発売中(税別:1,100円)
メイキングDVD「橋本甜歌 Sweet 19 Song ~映画『最近、妹のようすがちょっとおかしいんだが。』より~」「繭 イタズラな蝶 ~映画『最近、妹のようすがちょっとおかしいんだが。』より~」は発売中(税別:各3,800円)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]