NYを舞台にキュート&チャーミング!女子映画の決定版『フランシス・ハ』が公開決定!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
映画『フランシス・ハ』より - (C)Pine District, LLC.

 モダンダンサーを夢見る女子のちょっぴりビターな等身大ニューヨークライフを描いた映画『フランシス・ハ』が、9月上旬よりユーロスペースほかにて全国順次公開されることが決定した。アメリカ公開時にはわずか4館からスタートしながらも、口コミで評判が広がり、最終的には233館で公開される大ヒットを記録した作品だ。

 同作は、ニューヨーク・ブルックリンを舞台に、モダンダンサーを夢見る27歳のフランシスが自分の人生を見つめ直していくさまを、モノクロ映像で生き生きと描き出した快作。彼氏に振られ、親友とのルームシェアを解消した女性がニューヨークを転々としながらも、やがて自分の居場所を見いだしていくことになる。監督は、『イカとクジラ』でアカデミー賞脚本賞にノミネートされたノア・バームバックが務めている。

 本作の魅力は、何といっても主人公フランシスを演じたグレタ・ガーウィグだろう。共同脚本にクレジットされている彼女は、本作の演技で第71回ゴールデン・グローブ賞女優賞(コメディー / ミュージカル)にノミネート。サプライズとして話題になったが、並み居る大作・話題作を押しのけての快挙は、本作の評価がいかに高いかを裏付けるものだ。デヴィッド・ボウイによる主題歌「モダン・ラヴ」に合わせてニューヨークの街を疾走するシーンは見どころの一つとなっている。

[PR]

 ほかにも、映画『スター・ウォーズ』新作への出演が発表されたアダム・ドライバーが出演しているなど、話題性は十分。あのクエンティン・タランティーノ監督が2013年の映画ベスト10に選出した女子映画の決定版が、いよいよ日本に上陸する。(編集部・福田麗)

映画『フランシス・ハ』は9月上旬、ユーロスペースほか全国順次公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]