渡辺麻友をポケモン監督が「さすが一番の声」と絶賛!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
『ピカチュウ、これなんのカギ?』の公開アフレコに出席した渡辺麻友(左)と中川翔子(右)

 第6回AKB48選抜総選挙で女王となった渡辺麻友が11日、都内で行われた人気アニメーション映画『ポケモン・ザ・ムービー XY/破壊の繭とディアンシー』の同時上映短編アニメ『ピカチュウ、これなんのカギ?』の公開アフレコに出席。アフレコを終えると監督の湯山邦彦から総選挙に絡め「さすが、一番の声ですね」と声を掛けられ、「ありがとうございます」と笑顔を見せた。

まゆゆ、アフレコに挑戦!フォトギャラリー

 総選挙後初単独イベントとなった渡辺はこの日、総選挙について直接コメントはしなかったものの、「こんなわたしがポケモン映画に出られるなんて夢にも思わなかったので、うれしくてうれしくて」とご機嫌。慣れないナレーションについても「子供たちにわかりやすく伝えていくために、精いっぱい頑張りました」と話し、夢だったポケモン映画への参加をAKB48のメンバーたちから「やったね」と祝福されたことも明かした。

[PR]

 「ご指示をいただいていろいろと挑戦できて、楽しくていい経験ができました」と渡辺。湯山監督からも「結構声優をやっていらっしゃるので心配はなかった。とってもかわいい、いい感じになったんじゃないかな」と絶賛されていた。

 本作はピカチュウと仲間のポケモンたちが、さまざまな世界に移動できる鍵を使って、不思議な旅を繰り広げる様子を描いた短編映画。この日は『ポケモン・ザ・ムービー XY/破壊の繭とディアンシー』の声優陣である三田佳子中川翔子足立梨花中川家(剛・礼二)も同席し、渡辺と共にアフレコを披露。

 前日自身のブログで、喉が腫れ声が出ないことを明かしていた中川翔子もそれを感じさせない演技を見せたが、アフレコを終えると「枯れちゃった。すみません」と謝罪。「今回こんな声ですが、本番ではクリアです。全身から貪欲汁を出しながら頑張っております」とアピールし、「(声は)張ったら出てきた」と苦笑いで明かしていた。(取材・文:名鹿祥史)

映画『ポケモン・ザ・ムービー XY/破壊の繭とディアンシー』『ピカチュウ、これなんのカギ?』は7月19日より全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]