故カート・コバーンさんの娘、早死にへの憧れに苦言

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
「早死には憧れるものじゃないわ、絶対に」「……」 - 故カート・コバーンさんの娘フランシス・ビーン・コバーン(左)と歌手ラナ・デル・レイ(右)

 最近のインタビューで「早く死にたい」とコメントし、若くして死ぬ方がすてきだと語った歌手のラナ・デル・レイに対し、故カート・コバーンさんの娘フランシス・ビーン・コバーンが苦言を呈した。

故カート・コバーンの最期の2日間!映画『ラストデイズ』フォトギャラリー

 フランシスが2歳だった1994年に、カートさんは27歳の若さで自殺。軽々しく、死にたいという言葉を口にし、カートさんやエイミー・ワインハウスさんが自分のヒーローだと語ったラナに対し、フランシスは、「ラナ・デル・レイ、若いミュージシャンの死は決してロマンチックではないわ」とツイート。

[PR]

 さらにフランシスは、「父は若くして死んだから、わたしは父がどんな人だったのかを知ることもできない。あなたみたいに、早死にをかっこいいと思う人がいると、そう望む人が出てくるのよ」「決してかっこよくなんかないわ。一度きりしかない人生なんだから、一生懸命に生きて。あなたがうらやましいと思った人たちは人生を無駄にしたのよ。そんな人にならないで」「無駄にするには、才能がありすぎるわ」と立て続けにツイートしている。

 これに対し、ラナ自身はコメントをしていないが、彼女のファンがラナを擁護。それを受け、フランシスは決して個人攻撃をしたのではないと釈明している。「わたしはラナに対して敵意はないし、特定の誰かを攻撃しようとしているわけでもない。ただ、自分の経験から、物事を整理してあげたかっただけ」とツイートしている。(BANG Media International)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]