シャイア・ラブーフ逮捕 治安紊乱行為と不法侵入の罪

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
奇行が目立つシャイア・ラブーフ

 映画『トランスフォーマー』『欲望のバージニア』などのシャイア・ラブーフが逮捕されたことがわかった。ABC Newsほか複数のメディアが報じた。

どうした、シャイア…主演作『欲望のバージニア』写真ギャラリー

 シャイアは現地時間26日夜、ニューヨークのStudio 54で上演されていたアラン・カミングらが出演しているブロードウェイミュージカル「Cabaret」を鑑賞中、劇場内で喫煙や破壊行動をしていたという。同ミュージカルの担当者はE! onlineに「彼は第1幕の間混乱を起こし、幕あいの休憩時間で連れて行かれていました」と回答している。

[PR]

 会場から出るように指示されても、彼は拒否し、警官や人々を脅していたとのこと。その後、警察に手錠を掛けられ連行。この様子は複数の人々が目撃しており、トニー賞ノミネート経験を持つ作詞作曲家のベンジ・パセクも「涙を浮かべたシャイア・ラブーフが6人の警官に囲まれて手錠を掛けられているのを見た」とツイートしている。

 初めは拘束のみだったようだが、ニューヨーク警察がABC Newsに語ったところによると、現在彼は治安紊乱(びんらん)行為と不法侵入の罪で起訴されているという。

 シャイアは昨年12月、自身が監督した短編映画が盗作であることが発覚し、今年1月には活動自粛をツイッターで発表。ベルリン映画祭に出席した際には「わたしはもう有名人ではない」と書かれた紙袋をかぶって登場するなどたびたび奇行が見られていた。(編集部・井本早紀)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]